ゴスロリメイクと19世紀末的美

ゴシックロリータのメイクに限らず、化粧には理想とするイメージが必要でしょう。どのようなイメージにしたいか?それを踏まえたうえで、実際にそのイメージを実現するのがメイクのテクニック。つまり、まずメイクの際にはイメージありきだと思うのです。

ゴシックロリータのイメージといっても人それぞれでしょう。だからこそ、ゴシックとロリータを分けたりしますし、ロリータはロリータで黒ロリ・白ロリ・甘ロリなどなど色々な分類があります。ゴスロリもゴシックロリータと一言でくくることができなくなってきたゆえのことでしょう。

そんなわけで、今までの投稿は特にゴシックロリータのイメージについて語ることを主旨としてきました。ゴスロリに親近性があるキーワードとして、中世や19世紀末についてふれてみたりもしました。

ゴスロリメイクをテーマにするとなると、私のおススメは19世紀末!

@美しい・神秘的
A気品がある
B不健康的w

という、ゴシックロリータの三大要素を満たした女性のイメージが19世紀末に流行したのです。

そのキーワードは「ファム・ファタル」。日本語に訳すと「宿命の女」となります。類稀なる美女でありつつ、男性を翻弄し破滅に追いやる女性…神秘的というより不吉な女性像なのですが、その美しさゆえに、男性は破滅するとわかっていても惹かれてしまう。

ゴシックロリータ全体というより、特にゴシックよりなイメージですが、ロリータにおける色白メイク好みはファム・ファタルのイメージとされる特徴とも関係がありそうですね。

いずれにしても、ゴスロリを愛する方にとって、19世紀末のイメージに浸ることは、自分の世界観を深めてくれるものとなるに違いありません。

下は19世紀末のイメージに浸るのに最良の書。私も折に触れ読み返しています。難しい話で盛りだくさんなのですが、ゴシックロリータのメイクをする際のイメージ作りに知らず知らずに役立つ─そんなタイプの本です。気品あるお化粧のために是非…



*のちほど、ファム・ファタル風ゴスロリメイクについて投稿したいと思います。
この記事へのコメント
本当にあのゴスロリメイクのまま行った私。
友人がいたとはいえ、周りからの視線が怖かった。
あの視線に耐えられるあたり、やはり友人はドM根性の持ち主である。
Posted by ゴスロリメイクの方法とその後。|コスメ初心者の奮闘記 at 2011年08月01日 09:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。